ユニバーサルファッションショー「Uスタイル2015」

障がい者と健常者のへだたりをなくすためのシンポジュウムと障がいがあってもなくてもファッショナブルに生活するためのユニバーサルファッションショー「Uスタイル2015」

ユニバーサルシティさっぽろ実行委員会主催のこのイベントにに裏方として参加させていただきながら撮影した写真をご紹介させていただきます♪
カメラ係ではなかったので、被写体が偏っていたり、途中が抜けていて全体像が見えなかったり、などなどありますが・・・(汗)細かいことは気にせずに(笑)

皆さまには、この素晴らしいイベントの雰囲気とそこに込められた想いを、ほんの少しだけでも感じていただければ幸いです。。。

~「Uスタイル2015」の概要紹介~

<シンポジュウム>
「ユニバーサルシティ・さっぽろの実現を目指してー全員参加のまちづくり」
・当事者視点での地下飲食店覆面調査報告
・ファッションをツールとした社会との融合について
・これまでのユニバーサルさっぽろ実行委員会の取組みから

<ユニバーサルファションショー>
①総合スタイリング:石切山祥子(いしきりやま さちこ) スタイリスト事務所「SPUTNIK」代表
・お洒落によって、すべての人がより素敵になるためのスタイリングを活動中

②音楽- DJ TAMA a.k.a. SPC FINEST
・DJ /PRODUCERとして札幌を拠点に日本全国から世界で活動する。親子で楽しめるライブと KIDS' DISCOのイベントのPRODUCERも務める。

●ユニバーサルシティ・さっぽろ実行委員会
委員長:我妻武(札幌障害者活動支援センター ライフ)
副委員長:大海 恵聖(mvp creative japan)
委員:牧野 准子(障がい当事者講師の会すぷりんぐ)
委員:三井 愛子(障害者自立生活センターIL-ism・一般社団法人あいえるゆう)
委員:鹿野 牧子(北海道社会福祉協議会)
委員:池田 真紀(フリーソーシャルワーカー)

<開催要綱>
1.趣旨:本実行委員会委員が自らの活動(障がい者を含む市民の社会参加・生きがい・まちづくり・地域活性・貧困問題等)の枠を超えて、さっぽろ全体を繋げるネットワークを形成し、全体最適のまちづくりをめざして、課題抽出からハード、ソフト、そしてハートの総合的な提案をし、自ら実行していく市民を創出し実践していきます。障がいがあってもなくても、社会的ハンディを背負った人も、笑顔と笑い声が拡がるキラキラ輝くまちづくりを市民の皆さんと共有・協働するために本シンポジュウムを開催します
2.主催:ユニバーサルシティ・さっぽろ実行委員会
3.共催:北海道社会福祉協議会 北海道調査研究・情報センター
4.後援:札幌市社会福祉協議会/札幌青年会議所サッポロアワード/三角山放送局/あ・りーさだ/札幌ものづくりオフィス&カフェSHARE/札幌障害者活動支援センター ライフ/mvp creative japan/障害者自立生活センターIL-ism/一般社団法人あいえるゆう/チームパラマウントアドベンチャー
5.協力:彩メイクケア協会/スタイリスト事務所SPUTNIK/北翔学園大学/DJ TAMA a.k.a. SPC FINEST/出張理美容サービスVESS/Takahashi Design/てくてくの会
6.とき:平成27年1月25日(日)13:20~15:15
7.ところ:札幌市/道民活動センター かでる2.7 1階 大ホール
8.内容
13:00~13:20:受付~開会
13:30~14:00:シンポジュウム
14:15~15:15:ユニバーサルファッションショー
15:15~:閉会

Share:

関連記事: