サイドサポートシート架装のご紹介

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

運転席や助手席への乗り降りがとても便利になる「サイドサポートシート架装」のご紹介です。

「サイドサポートシート」は、自動車の座席の横に取り付けて移乗をサポートする小さな補助席で、今お使いのお車はもちろん、これから購入される新車や中古車でも、サイドサポートシートを取り付けすると、いままで大変だった運転席や助手席への乗り降りがとても楽になります♪

サイドサポートシートのタイプや取付位置などは、取付する車両や利用する一人ひとりの方のお体の状況やご予算に合わせて、イフでセットアップさせていただきます。

現車に合わせて製作する改造作業のため、サービスを提供できるお客様は限られますが、イフでは全て個別のニーズに合わせた特注対応となっていますので、「このくらいの高さに、こんなサイズのサイドサポートが欲しいんだけど…」といったご要望をお聞かせください。

<留意点>

取り付けの際に車両側の一部に穴あけなどの加工します。(据置式は車体の加工は不要です)
お車の仕様・状態によっては装着できない場合がございます。(事前の綿密な打ち合わせが必要です)
改造は車両をイフに入庫して頂く必要がございます。
施工事例のある車両は事前に御見積を作成させて頂きますが、施工事例の無い車両は概算見積のみとなりますことをご了承ください。

バリエーション

着脱式・可動タイプ

previous arrow
next arrow
Slider

ボディに設置した土台に挿入したサポートシートが可動するタイプのため、普段から付けっぱなしにしておくことが出来る便利なタイプです。助手席側にも運転席側と同じ土台を設置し、天板の形状を四角形にしておくことで、運転席と助手席で付け替えて使用することが可能です。

¥180,000~ (改造費用一式・税抜)

着脱式・固定タイプ

previous arrow
next arrow
Slider

ボディに土台部分を取り付けし、必要な時にだけサポートシートを装着して使うタイプです。ドアを締めるためには毎回取り外しが必要ですが、安価にしっかりしたサイドサポートシートが導入できるため人気があるタイプで、特に助手席などへの介護目的の装着依頼が多くあります。

¥120,000~ (改造費用一式・税抜)

据置式・ボックスタイプ

previous arrow
next arrow
Slider

クルマ側には一切改造はせず、使用時に置いて使うタイプですが、お車のボディ形状に合わせてピッタリ成形されているため、見た目以上に安定感があります。度重なる改良の末とても軽量で、握力や腕の力が弱い方でも簡単にセットすることが出来、人気No1のサポートシートです♪

¥95,000~ (改造費用一式・税抜)

比較表

  着脱式・可動タイプ 着脱式・固定タイプ 据置式・ボックスタイプ
移乗時の安定性 ※1
利便性
改造費用
車体への穴あけ
電動シートとの相性 ※2
取外し時の重量(軽さ)
座面傾斜角度の調整
車両入替え時の移設
手指に障害のある方への対応

注意:この比較表は、一般的な情報にイフの所見を加えて作成した表のため、実際とは異なる場合があります
注意:比較表の仕様上、△や◎が付けられないため、◯と✕で極端に表現してあります
※1:通常の使用においてグラついたりすることはありません
※2:装着したままの状態だと、電動シートの操作スイッチへのアクセルが難しい場合があります


作業予約について

サイドサポートシートの改造作業はその難易度に応じて、1〜4週間程度の作業時間がかかります。希望のタイプや取付位置などの打ち合わせや検証をさせて頂いた上で、入庫日時をご予約いただき、お車をお預かりする流れとなります。

部品販売について

サイドサポートシート架装はお客様のお車をお預かりして、一台一台手作りで製作して取付させていただいておりますので完成製品という形の部品販売は致し兼ねます。もし素材となる部材だけの販売をご希望される場合はご相談の上で臨機応変に対応させて頂きますので、お気軽にお問い合わせ下さいますようお願い致します。

Made in if.

サイドサポートシートは、イフの工場で材料を切り出しながら、一つずつお客さまに合わせて、夜な夜なトンテンカンと溶接機やミシンと格闘しながら製作している “100% 手作り製品” です。

アシストグリップとの併用もお薦めです♪

改造事例も順次公開中です

相談の流れ

サイトサポートシートの中で、最も相談件数の多い「据置式・ボックスタイプ」について、どのような流れでお願いしたらよいのでしょうか?というお問い合わせをいただきましたので、これを期に、相談から製作、納品に至るまでの行程の一例をご紹介させていただきます。(2019.12 追記)

Step1:相談 → 状況確認 → 仕様決定

previous arrow
next arrow
Slider

相談
電話、メール、SNSなどでご相談をいただき、お客様の希望や状況をお聞きしながら打ち合わせします。

状況確認
イフに来店していただき、お客様の詳しい状況を確認しながら、サイトサポートシートの適否や仕様を検討します。

仕様決定
打ち合わせの結果を踏まえて、サイトサポートシートの詳細な仕様(サイズや高さ等)を決定します。

 

Step2:仮作成 → 検証

previous arrow
next arrow
Slider

仮作成
お客様のクルマを数日お預かりして、サイトサポートシートの仮製作を行い、試乗(試用)できる状態をつくります。

検証
再度お客様に来店していただき、仮製作したサイトサポートシートを使って、移乗動作などの確認を行います。ここで問題がある場合は修正を施します。

 

Step3:仕上げ作業

previous arrow
next arrow
Slider

仕上げ作業
検証で問題がないことを確認した後は、生地張りなどの仕上げ作業を行います。外注を伴う作業のため3〜4週間程度の工期がかかりますので、お車を一旦返却することも可能ですし、そのままお預かりして他の作業を進めるなども可能です。

 

Step4:完成 → 納品

previous arrow
next arrow
Slider

完成
仕上げ作業を全て終えて完成です♪

納品
納品は、お客様に来店していただき、最終チェックを経てお渡しする形が一般的ですが、完成品を宅配便などでご自宅などへ送らせていただくことも可能です。

  • 今回ご紹介した相談の流れは、「据置式・ボックスタイプ」を製作させていただく場合の一例です
  • 今回の事例では、所有しているお車への製作をイメージしていますが、新たに購入する車への製作は流れが異なります
  • 本来の流れでは、複数回イフに来店していただき、打ち合わせや確認を行いますが、ケースによっては来店回数を減らすことが可能な場合があります
  • 過去に製作事例のある車種の場合でも、型取りや製作作業は全てその方に合わせて新規扱いとなります
  • 具体的な流れについては、イフにお問い合わせいただいた上で、個別に打ち合わせさせていただきます

関連記事

  1. バス用 電動大型補助ステップ(アシストステップ)

    バス用 電動大型補助ステップ

  2. ハイエース・キャラバン用 和光工業製、乗降補助3段ステップ「YSシリーズ」

    和光工業製、乗降補助3段ステップ「YS3シリーズ」

  3. イタリア・KIVI製 移乗サポートプレート「ティップアッププレート」

    イタリア・KIVI製 移乗サポートプレート「ティップアッププレート」

  4. ハイエース専用 フロントハンドレール 手すり

    ハイエース専用 フロントハンドレール

  5. トヨタ・ハイエース/レジアスエース専用 樹脂製アシストステップ

    トヨタ・ハイエース/レジアスエース専用 樹脂製ラグジュアリーアシストス…

  6. かの有名な「レカロ(RECARO)」から、助手席回転シートの後付改造用キットが新発売されました!

    レカロ(RECARO)助手席回転シート