スズキ・パレット [MK21S型]

901ハンドコントロール取付事例

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

パレット(PALETTE)は、スズキ(SUZUKI MOTOR CORPORATION)が生産・販売していた軽トールワゴンで、2009年には「ルークス(ROOX)」として日産自動車に、2012年には「フレアワゴン」としてマツダにもOEM供給がされた人気車種でしたが、2013年に後継車種となるスペーシア発表に伴い生産終了となりました。車名の由来は画材のパレットに由来し、絵の具がパレットの上で多彩な色を生み出すように、様々なライフスタイルを楽しむことができるクルマという意味で命名されたそうです。

今回のお客さまは手動運転装置は初めてでしたが、901ハンドコントロールをご紹介したところ気に入っていただき、取付作業をさせていただきました♪

常時手だけでアクセル&ブレーキの操作も出来ますが、状況に応じてアクセルは右足で、ブレーキは901を使い左手で、等とその時々で臨機応変に運転をされているとのことでした。。。


セットアップ情報

  • 901ハンドコントロールシステム
  • ストレートロアブレーキアーム仕様
  • コラムタワー アルミベースプレート取付
  • コラムタワー ショート調整
  • コラムタワー&ベルト ズレ止めビス固定
  • コントロールレバー長 20mmカット

取付の難易度

ユーザー: 札幌市・K様
取付日: 2009年4月

901ハンドコントールシステム製品情報