「パワーチェアーフットボール チャンピオンシップジャパン 2019」が11月に開催

電動車いす サッカー「パワーチェアーフットボールチャンピオンシップジャパン2019」が11月に開催

電動車椅子サッカーの日本一を決める全国大会「パワーチェアフットボール チャンピオンシップ 2019」(主催:一般社団法人日本電動車椅子サッカー協会)が2019年11月2日(土)3日(日)に静岡県のエコパアリーナで開催されます!

電動車椅子サッカーとは、電動車椅子の前に取り付けられたフットガードを用いてボールを蹴るサッカーです。自立した歩行ができないなど比較的重度の障害を持った選手が多く、ジョイスティック型のコントローラーを手や顎などで操りプレーします。性別による区分はなく、 男女混合のチームで行います。

国際的な呼称は「Powerchair Football」となっており、スピードは時速10km以下と定められています。直径約32.5cmのボールを使用、繊細な操作で繰り広げられるパスやドリブル、回転シュートなど華麗かつ迫力あるプレーが魅力です。

サッカーのFIFAに該当する国際統括団体は FIPFA(国際電動車椅子サッカー連盟) で、日本では 日本電動車椅子サッカー協会(JPFA) が統括しています。

本大会は、昨年までは6Kmカテゴリーが「日本電動車椅子サッカー選手権大会/パワフル6」として24回、10Kmカテゴリーが「日本パワーチェアフットボール選手権大会/マックス10」として2回開催されてきた二つの大会を「パワーチェアーフットボールチャンピオンシップ」に統一し、10Kmは【カテゴリー1】マックス10 、 6Kmは【カテゴリー2】パワフル6として同時開催されることになったものです。

全国各地から集まる猛者(チーム)と、トーナメントの組み合わせは次のとおりです。

【カテゴリー1】 マックス10 出場チーム

Safilva(北海道)、レインボー・ソルジャー(東京都)、YOKOHAMA BayDream(神奈川県)、Yokohama Crackers(神奈川県)、Yokohama Ted Spirits(神奈川県)、FCクラッシャーズ(長野県)、SFCデルティーズ(静岡県)、金沢ベストブラザーズ(石川県)、プログレス奈良(奈良県)、大阪ローリングタートル(大阪府)、Red Eagles 兵庫(兵庫県)、A-pfeile広島PFC(広島県)、Nanchester United 鹿児島(鹿児島県)

「パワーチェアーフットボール チャンピオンシップ ジャパン 2019」の対戦表

【カテゴリー2】 パワフル6 出場チーム

BLACK HAMERS(埼玉県)、ウイニング フェニックス(千葉県)、FINE(東京都)、TAMA猿(東京都)、イルシオン東京(東京都)、バレッツ(長野県)、DKFBCディスカバリー(愛知県)、LPDソニック~京都電動蹴球団(京都府)、ファインフレンズ(大阪府)、兵庫パープルスネークス(兵庫県)、廣島マインツ(広島県)、スクラッチ香川(香川県)、Infinity侍(佐賀県)

「パワーチェアーフットボール チャンピオンシップ ジャパン 2019」の対戦表