イベント

8月2日の夜に「シークレットイベント」を開催します!

東京2020パラリンピック競技大会の熱が冷めやらぬ中、帯広市の新総合体育館「よつ葉アリーナ十勝」では、毎週火曜日の夜に【パラアスリート枠】と称して、障がい者スポーツのためにメインアリーナの一部が解放されているのはご存知でしょうか?

このほど、そのパラアスリート枠に便乗する形で、車いすメーカー様の協力を得て、パラスポーツアイテムなどの体験試乗会を催すことになりました。

新型コロナウィルス感染症が予断を許さない状況ということや、専用(貸し切り)イベントではないことなどから、大々的な告知はしませんが、身近な方にお声をかけさせていただき、静かに楽しみたいと考えています。

新総体に行ったことがない方は建物見学を兼ねて、体験試乗会の様子を覗きに来るだけでもOKですので、是非ともふらりと遊びに来てください♪

イベント概要

体験試乗アイテム(予定)

協力メーカーが様々な体験アイテムを体育館に持ち込んでくださる予定となっていて、その一部をご紹介させていたいただきます。

それぞれのアイテム写真 文字リンク をクリックすると、各メーカーの製品紹介ページをご覧いただけますので、興味のあるアイテムは事前に要チェックです。

○○も体験したい!という要望があれば、可能な限り準備してくださるとのことですので、皆さまからのリクエストもお待ちしております。


<株式会社テレウス>

ペトラ・フレームランナー

バイ コニーハンセン社 の「PETRA Frame Runner™(ペトラ・フレームランナー)」は、デンマークの作業療法士がセラピーの一貫として開発しました。

転がり抵抗が非常に少なく、安定性に優れた設計がされているため、動きに制限のある子どもから大人まで、普段の生活では経験できないような動きやスピード感を味わうことができます。

世界パラ陸上競技選手権大会(World ParaAthletics Championships)2 では、『フレームランニング』という種目がトラック競技の一つとしてあり、世界中でフレームランニングの選手が「ペトラ・フレームランナー」を駆って活躍しています。

とかち初上陸の「ペトラ・フレームランナー」を体験試乗できる、またとないチャンスです!!

.

シュトリッカー ハンドサイクル

車いすに取り付けて使う、普段使いタイプのハンドサイクルです。

用途に合わせて「シティータイプ」「スポーツタイプ」「電動アシストタイプ」「車椅子前輪ユニット」などがラインナップされています。


<株式会社オーエックスエンジニアリング>

パラスポーツ競技用車いす

オーエックスの競技用車いすの起源は、モータースポーツの研究・開発から生まれたレーシングテクノロジーにあります。

競技用車いすの開発開始から既に20年以上が経過し、多くの世界ランカーたちにオーエックスの技術が支持され、アトランタ大会以来獲得したメダルの数は驚きの120超。

エントリーからエキスパートまで。あなただけのオーエックスがあります。

.

アクティブ車いす

ユーザーの視点で車いすを一から考え直し、これまでの常識を変革したオーエックスの車いす。
その独創性は、斬新なデザインや優れた操作性にとどまりません。

エントリーモデルから、ハイエンドモデルまで、幅広いラインナップがあり、100以上のカラーや便利で快適なアクセサリーの選択も可能で、あなたのリクエストにしっかり応えてくれます。

<2022.7.13 追記>
オーエックスの車いすを試乗された方には、同社から嬉しい特典があるそうです♪
(詳しくは当日、オーエックスの担当者からお伝えいたします)


<オットーボック・ジャパン株式会社>

ZENIT(ゼニート)

オットーボックのフラッグシップモデル “ゼニート”
ドイツの機能と美を追求したこの車いすには、モノとしての美しさがあります。

シンプルなフレームデザインは、時に謙虚に、時に力強く、あなたのライフスタイルに寄り添います。
随所に用いられるカーボンパーツは先進性と高級感を演出。ゼニートを使う喜びをかき立てます。

.

Avantgarde4(アバンギャルド4)

オットーボックのアクティブモデルとして誕生してから20年、アバンギャルドは第4世代へと生まれ変わりました。

高い剛性を持つフレームと豊富な機能のバリエーションに加え、今度のアバンギャルドは「軽さ」にも挑戦しています。

.

Multisport(マルチスポーツ)

マルチスポーツは、レクリエーションやスポーツをもっと身近に体験するために最適なエントリーモデルのスポーツ用車いすです。

簡単なサイズ調整機能と着脱可能なバンパー(フロントガード)によって、車いすでの様々なアクティビティを楽しむことができます♪

その価格は、なんと!・・・10万円ポッキリ(非課税)という驚きのロープライスで、ottobock.がパラスポーツの世界的な普及に尽力されていることには、感謝しかありません!

.

Hiroki Nakajima(中島 浩貴)

こちらは試乗アイテムではありませんが・・・(笑)

ottobock.(ドイツ)製品を会場に持ち込んでくださる、オットーボック・ジャパン株式会社  モビリティソリューションズ事業部の中島さんは、エンジニアとして歴代のパラリンピック修理サービスに携わってきた経歴がある方です。

パラスポーツに興味のある方であれば、是非とも会場で繋がっていただき、他では聞けない「東京2020パラリンピック競技大会」の選手を支える奇想天外な裏方話しなどを聞ける絶好のチャンスです!

.
パラリンピック競技大会のパートナーとして、1988年のソウル大会からアスリートに対し修理サービスの提供を続け、パラリンピックムーブメントをサポートしているオットーボックの情報は、こちら ↓ のページをご覧ください。
>> パラリンピック修理サービス – オットーボック・ジャパン


<株式会社ミキ>

NOVA_RiseActive

NOVA_RiseActive(ノーヴァ_ライズアクティブ) は、「これからはライフシーンに合わせて、視点(ポジション)を変える。」というコンセプトで開発された、ミキのプレミアム車いすブランド FORCE(フォース) の最新作です。

日常車と変わらない操作性とコンパクトさ、ガススプリングを備えて軽い力で素早く昇降ができるポテンシャルの高い車いす。 日々の生活シーンに応じて、用途に合わせた適切なポジションを得られるマルチポジショニング仕様です。 着脱式車輪を採用することで収納や車載にも便利です。

ミキ FORCE NOVA RiseActive(ノーヴァ ライズアクティブ)
ミキ FORCE NOVA RiseActive(ノーヴァ ライズアクティブ)
ミキ FORCE NOVA RiseActive(ノーヴァ ライズアクティブ)
nova_riseactive-main01
nova_riseactive-main02
nova_riseactive-main03
previous arrow
next arrow

.

SEATUS_Pro

SEATUS_Pro(シータス_プロ) は、ゆったりとくつろぎたい時や姿勢の変換が必要な時に、自身の操作で背もたれの角度を変えることができる “セルフリクライング式” の車いすです。

2020年の発売以来高い評価を受けている独創的な車いすで、なかなかデモ車をお借りすることができませんでしたが、今回のイベントに合わせて(内藤の無茶振りに応えてくださり)北海道初上陸が決定しました!

パラリンピック競技ではありませんが、人気が高まる「eスポーツ」などを楽しむには最適な車種だと思いますので、この機会に是非とも体験してみてください♪

miki FORCE SEATUS Pro(シータス プロ)
miki FORCE SEATUS Pro(シータス プロ)
miki FORCE SEATUS Pro(シータス プロ)
seatus_pro-01
seatus_pro-02
seatus_pro-03
previous arrow
next arrow

エア・フィッツ

ホイールチェアからホイールソファへ。アスリートの疲れた体を、優しく空気で支えるナチュラルシーティング車いすです。

.

※体験試乗アイテムの内容は変更になる場合がございます。
※本ページに掲載していないアイテムも盛り沢山(予定)です。

 

パラスポーツ体験コーナー

ボッチャ体験

ボッチャ(伊: Boccia)は、ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールをいかに近づけるかを競うスポーツです。

カーリングのように、相手のボールを弾いたりして、自分が優位に立てるよう位置取りをしていきますが、的も弾いて移動させることができるため、カーリングとは一味違う戦略、魅力がある競技です。

当日は「ポラリスとかち 」の皆様が、ボッチャ体験コーナーを設けて、その魅力を伝えてくれます♪

ポラリスとかち ボッチャ体験コーナー
ポラリスとかち ボッチャ体験コーナー
ボッチャ体験コーナー
polaris_tokachi-Image-1
polaris_tokachi-Image-2
boccia-image-01
previous arrow
next arrow

電動車いすサッカー体験

電動車椅子サッカー(Powerchair Football)は、電動車椅子を使用したサッカー競技で、「足で蹴らないサッカー」です。

選手たちの多くは自立した歩行ができない障がいをもっており、中には上体や首の保持ができないほど重度の障がいを持つ選手もいます。しかし、残された機能「手・足・口・顎」を使ってジョイスティック型のコントローラーを巧みに操作し、車椅子と一体となりプレーをします。

当日は、電動車椅子サッカーの日本代表候補に選ばれて、神戸市で行われる代表選考合宿(7月30〜31日)から戻ってきたばかりの町田選手に協力してもらい、その魅力を存分に体験していただきます。(一緒にサッカーをやる仲間を絶賛募集中とのことです!)

電動車いすサッカー Powerchair Football 町田佑介選手

参加にあたってのお願い

  1. 体験会は専用利用(貸し切り)ではなく、パラアスリート枠(障がい者スポーツ開放枠)に便乗して開催するため、他の利用者に迷惑がかからないように楽しみましょう♪
  2. 気合を入れて体験される方は、動きやすい服装でご参加ください。
  3. 飲み物、タオル、その他必要なものは各自でご用意ください。(館内に飲み物の自動販売機有り)
  4. 健康管理に十分留意の上、ご参加ください。(内藤は、痛風の薬をしっかり飲んで臨みます(笑))
  5. 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、基本的な感染対策にご協力をお願いします。
  6. 企画者または各種報道機関が本事業の様子等を撮影し、撮影した写真、映像をホームページ、新聞、雑誌、広報資料等に使用する場合があります。撮影に支障がある場合は、事前にお申し出ください。

参加表明

参加にあたり、事前の予約は不要ですが「行くよ〜!」と、ひと言ご連絡をいただけると嬉しいです♪(協力メーカー共々、気合が入りますww)


    問い合わせ先

     担当:イフ 内藤
     電話:0155-38-8380
    メール:info@e-if.jp


    <更新情報>

    2022.7.13:オーエックスの車いすを試乗された方への嬉しい特典があるそうです♪
    2022.7.27:パラスポーツ体験コーナー(ボッチャ、電動車いすサッカー)を追加
    2022.7.28:体験アイテムに、ミキの「SEATUS_Pro」を追加
    2022.8.01:パスワード保護を解除して、一般公開
    2022.8.02:イベントが無事に終了♪゚皆さまに感謝です!

    2022.8.03:十勝毎日新聞電子版にイベントの様子が掲載されました♪(会員限定記事)
    「レクスポとしても認識を」パラスポーツ用車いすなどの体験会に50人が参加 – 十勝毎日新聞電子版-Tokachi Mainichi News Web

    TOP