道東電機株式会社様

ハイエースに荷役省力車用リフトを装着したサービスカーを製作しました。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

Honda Cars 帯広中央(株式会社ホンダクリオ帯広) 様からのご依頼で、道東電機株式会社 様が、サービスカーとして活用するため新たに導入するトヨタ・ハイエースに、荷役省力車用リフトや床貼りなどの架装作業をさせていただきました。

道東電機様は「生活を支援するサービスの創造」と「安心・安全な子供たちの未来」をミッションに掲げながら、家電事業(コスモスベリーズ)、エコ事業(リサイクルショップあいうえお)、介護事業(茶話本舗デイサービス)、技術サービス事業、環境エネルギー事業などの、地域に密着した業務に取り組まれており、私も家電やリサイクルショップには度々お世話になっています。

この荷役リフトを装着したハイエースは、主として複合機などの大型事務機器を運搬するために活用したいとのことで、具体的な施工内容を煮詰めるべく、担当スタッフの方から細かな要望をお聞きしながら、各メーカーの複合機のサイズを確認し、ハイエースの荷室間口の有効寸法との兼ね合いを考慮しながらプランニングさせていただきました。

具体的な架装内容としては、メインとなる荷役省力用リフト(パワーリフト)は、車の荷室間口の有効高さを最大限に活かすべく、薄型プラットフォーム仕様の[SKY32]を採用し、サブプラットフォーム(荷物をリフトに載せおろしする部分)は様々な路面状況に柔軟に対応できる[フラッパータイプ]を選択、プラットフォームのサイズは 幅1,000mm✕長さ1,200mm という余裕を持った仕様としました。

荷室の床全面にはランバーコア合板をしっかり敷き詰め、乗り降りすることが少ない運転席後方のスライドドア部分はステップオーバー(床面をドアぎりぎりまで延長する仕様)としてより多くの荷物を搭載できるように配慮しました。

勿論、床材に使用した木材は、JAS規格(日本農林規格)適合品で、ホルムアルデヒド対策最上級「F☆☆☆☆(フォースター)」のランバーコア合板を貼り付けています。

荷役省力車用リフト「SKY(スカイ)シリーズ」製品情報

道東電機のスタッフの方が、快適にお仕事をしていただけるよう、お値段以上の作業をさせていただいたと自負しておりますので、このハイエースが北海道中を走り回って活躍することを願っております。

イフをご用命いただき、誠にありがとうございました!